Joye510CC

スターターキットをモッドカテゴリの中に入れてしまってよかったんだろうか?という疑問を残しつつ、最初に買ったJoye510CCのレビューです。

Joye510CC
Joye510CC

セット内容はこんなかんじ。

※現行モデルにはACアダプターが付いてないそうです。

煙量は少ないです。本体が小さいのでそこはしょうがないところかもですが、私の場合は煙量が多すぎても咽そうになるのでそこは問題ナシ。

オマケでもらったジョイテック純正リキッドしか吸ってないけど、味は普通に出ます。

とまどったのは電源のON、OFFがスイッチの5回連続押しというところ。誤動作の防止と言われれば納得できるけど、他では見たことないシステムだなぁ、本体小さいし、そんなに激しく押したらココから壊れそう。。。

あと、ボタンを押して吸引したあとスイッチの周りが光って、その点滅速度でバッテリーの残量がわかります、ということですが、その光は微かすぎて昼間の屋外とかでは見えません。夜だとキレイなんですけどね。

一番の売りは細くておされ、というところでしょうか?

Joye510CCサイズ
Joye510CCサイズ

えんぴつと並べてこのサイズはちょっと他ではないかもー。

私がこれを使っているのを見た友人に「ボールペン咥えて何してるの?」と聞かれました。知らない人が見たらボールペンにしか見えないサイズですね^^;;

USB充電ケーブル
USB充電ケーブル

USB充電ケーブルが長いのはなにげに便利です。たいていPCで充電していたのでACアダプターはほとんど使いませんでした。

Joye510CCで特筆すべきなのは「漏れにくさ」です。

バッグに向きとか気にせずにテキトーに放り込んで持ち歩くという運用をしていたのにもかかわらず、リキッドが漏れるということはありませんでした。ま、元々リキッドをチャージできる量が少ないので漏れてもたいしたことにはならないという話はこの際横に置いておいてください^^;

しかし、である。

最初は「美味しいなー」と思ってたのが、なんか不味い。

今にして思うと単にコイルが焦げていたんだけど、当時はそこに考えが及びませんでした。そもそも「コイルを交換する」ということを知らなかった!あー、無知ってコワイわ。

なんか美味しくないし、じゅるじゅる言い始めるし、そうこうするうちにスイッチの周囲のライトが切れる。

あ、これは「壊れた」のであるな、と思って、同じもの(色違いだけど)をもう1本(という数え方でいいのか?)を買うという暴挙に出る私。

その時は、充電ケーブルとか、同じパーツを使いまわせるから便利かも、と思ったのです。

そして、違うリキッドをオマケでもらって、「あー、やっぱ美味しいわ」と激しく使用してたらそっちが先にホントに壊れました。スイッチが入らない><

当たり外れというものか、使い方が雑だったせいか、今となってはわかりませんが、2本買うんならその予算でもうちょっとしっかりした作りのものを買えばよかったかも。

レビューを書いておいてアレなんですが、どうしても「大きさ」とか「見た目」にこだわるのでなければ、財布にはもうちょっとがんばってもらって、ある程度は拡張性がある機材で始める方がいいんじゃないかな?と思います。

とか言いながら一応リンクは置いておいたり。

コメント

  1. あきぽん より:

    初めまして!私も最初に買ったのがJoye510CCでした♪
    懐かしくてついコメントさせてもらいました!

    ペン型はこれだけで、今はBOX MODばっかりです・・。

  2. hibiki より:

    あきぽんさん、コメントありがとうございます。
    手軽そうに見えて手を出してしまいますよね^^